催眠術の普通でない掛け方 – 声だけ、文字だけで暗示をかける

スポンサーリンク
催眠術師が内緒にしてきた秘密がkindle で絶賛公開中です!
理論不要ですぐに使えるセクシーな催眠術、いかが?

文字だけで暗示がかかる?時々、こんな依頼をいただくことがあります。

「Skypeで催眠術を掛けてください。」

実際に会いたくない、遠方地にいらっしゃるなどの事情があるのはとてもよくわかります。ですが、出来なくはないものの、個人的にはあまり受けたくないお仕事の環境です。

「いや、それが仕事なんだからやれよ」

というお叱りをいただきそうですが、確実に掛けてなんぼのところがあるので、出来ることならば最初のセッションは実際にお会いして掛けてしまいたい、のです。そのあとは、実は文字だけとか声だけでも催眠術をかけることが容易になります。ということで、今回は、リモートで催眠術をかけることが出来るのか?というお話です。

実際に会わずに掛けることは可能なの?

出来ます。前述の通り、一度お会いしてセッションを行ったことのある人であれば、ほぼ確実に音声だけ、とか、メールや Line のようなメッセージングだけで催眠術をかけることは可能です。

というか、文字だけで?

はい、これ、不思議ですよね。後催眠暗示が効いている状態で、後催眠暗示のトリガーを文字で提供する、ということにしていれば確かにうまくいくんだろうなぁ、と思って頂けるでしょうけれども、そうでなくとも掛かってしまいます。

文字だけだと暗示というのがありありと分かって却って警戒されないの?

ある意味それがあるから、一度セッションを行ったことのある方ならば、催眠術師からのメッセージだからそういうものだ、と受け入れやすくなっているのでしょうし、文字を読むことで文字に集中しますので、それで暗示が入りやすくなっている、ということだと理解しています。もちろん、メッセージに仕掛けもいろいろいれてあるのも事実ですが。。。

同じことは音声だけ、という状態でも同じです。いわゆる催眠XXニーと呼ばれる音声で自己催眠に誘導するのがある意味いい例になると思います。

としたら、音声なら初めてでも成功するんじゃないの?

確かにそうかも知れません。とはいえ、実は能動的に催眠XXニーを聞こうという気持ちでいるのと、セッションを顔も見えない、声だけしか聞こえない、そんなある意味受身的状況にあるのとでは、音声や文字に対する集中の度合いが根本的に違ってくることから、個人的にはちょっとやりたくない、というのが本音なのです。

実際、リモートでやる時に気になること

例えば、相手の状況がわからない、ので、相手が集中しすぎて電車で乗り過ごした(これはよくあります)、とか、自転車の運転中だった(さすがにこれはないですが。。。)というのがわからない訳です。今時はどこにいても電話もメールも使えますから、移動中でも普通になんとかしたい、というニーズが出てきてもおかしくない頃です。ということは、渋谷のあの有名なスクランブル交差点のど真ん中で催眠の深化をさせてしまっていたら。。。

ということで、なかなかリモートで出来る環境は少ないかもしれません。

で、どうやってまとめるの?

ということで、個人的にやりたくない理由がそこそこにある、というのはわかっていただけたかと思います。が、技術的には可能ですし、いろいろと格好いいことでもあるので、やりたい、ですよねぇ(笑)

毎週金曜に発行しているニュースレターを購読しませんか?
毎週金曜日に最新情報をお届けするニュースレターを発行しています。催眠術のテクニックから毎日の生活にちょっと使えるネタまで、読んで損はさせませんよ。今登録すると、そのまま読むと使えちゃうかもしれない催眠誘導のための暗示文のサンプルを無料でプレゼント中!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク