催眠術で能力開発、出来ますか?

スポンサーリンク
催眠術師が内緒にしてきた秘密がkindle で絶賛公開中です!
理論不要ですぐに使えるセクシーな催眠術、いかが?

催眠術をやっていると、いろいろなリクエストや質問を受けることがあります。本当なんですか?という質問は実際に体験してもらえば早いので答えるのは簡単なのですし、体の自由や感情のコントロールをすることも実際に体感してもらうと納得してもらえるところ、なのですが、それなら、ということでこんな質問を受けることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

催眠術で記憶力を強化できませんか?

ある朝、目が覚めたらなりたい自分になっていた!なんてあり?

ある朝、目が覚めたらなりたい自分になっていた!なんてあり?

確かに、記憶力が高まったら嬉しいですよね。それ以外にも

  • 痩せられませんか?
  • 煙草をやめられませんか?
  • あがり症だからなんとかして!
  • 速読ができるようになりたいのですが。。。

など、能力開発に催眠術が使えたらいいな、と期待するご質問を受けることがあります。なんだか出来そうな気がしますよね。ネットでもそういうことを謳っているサイトもあるようですので、催眠術師ならやってくれるのでは、という期待だってありそうですよね。

催眠術で能力開発、あり?なし?

個人的な実体験からいえば、出来るものもあれば出来ないものもある、というお答えになりますね。そりゃ、そうです。例えば100m を5秒で走れるようにしてください、は無理です。誰がやっても(笑)でも、マラソンを最後まで走りきれるようにしてください、と言われれば、やったことはないですが出来るでしょう。どうやるの?と言われると企業秘密です、と言いたいところですが、絶対に怒らそうなので、催眠術師として、というより NLPを使うバランス・コンサルタント、としてのスキルを使ってどうやるのか、というお話をして見たいと思います。これは実際にやったことのある事例でもありますので、実際のところ失敗例も含めて再現可能、といったところでしょうか。

本当に出来るようになりたい?出来ない理由をどこかに隠してない?

例えば記憶力。覚えられない、思い出せない、という人とお話する時、趣味の話をすることで、覚えられないとか思い出せないということがない、というのを自覚してもらっています。というのも、さすがに自分の好きなものを覚えていない人はいないわけで、ということは、根本的な能力の欠如、ということではないのです。

まぁ、もっといえば、家に帰れない人や家族の顔を覚えていない人には能力開発以上に問題があるので私たちの領域ではないのです。。。

となると、なぜ、それ以外のものに対する記憶が思うように機能しないのか、という問題になるのです。NLP的には見たもの、聞いたもの、触った感覚、などなど、外的刺激は全て記憶されている、ということになっています。そこで、それを記憶から引っ張り出せるかどうか、という問題になってくるのです。好きなものや、常に使っている情報へのアクセスが出来るのですから、それ以外の情報にどうしてアクセスできないのか、という話になるわけですが、NLP的な見方としては丸めていうならば

  • 「思い出せないと思い込んでいるから」のか
  • 「思い出したくない理由が何かあるから」のか

という妨げる理由があるので思い出せない、ので、その思い込みを外すか、思い出せない理由を解消する、という作業をして行くことになります。こうなると、催眠術で一時的に「あなたはなんでも思い出せる」という暗示をかけて解消出来る話ではないことがわかっていただけると思います。確かに一時的な解決方法もあり、なのですが、問題の根っこがある以上どうしても長続きしないのです。これは、実は「痩せたい」とか「禁煙したい」人に対する催眠療法のふりをした催眠術での解決法なのか、根本的な実現のプロセスなのかの大きな違い、でもあるのです。

禁煙を催眠術だけで実現しようとすると

実際、定期的にカウンセリングさせていただいているお客様で、どうしてもタバコがやめられない、という方がいて、あと実は私もタバコが苦手なことから、カウンセリングを始めた頃に催眠誘導の中にタバコのことを記憶として思い出せないようにする暗示をこっそり仕込んだことがあるのです(良い子は真似しちゃダメですよ)。その日のカウンセリングとそのあとに食事をご一緒した時は見事にタバコを吸うということを思い出さずにお家まで戻られてそのまま眠られたそうです。

ですが、翌朝目覚めた時に、何か普段と違う、ということに気づいてタバコを口にされたそうなのです。結局、本人の意思がないと一時的な書き換えにすぎない、のが催眠術の効果、なのです。

催眠術と自分の意思が合致した時の効果

とはいえ、すでに亡くなられたクライアントさんですが、病気に掛かってもうダメだ、となった時に、自分がどうしても後ろ向きに考えがちなのでなんとかして前向きになれるようになりたい、と言われたことがあって、ほんのちょっと暗示をかけただけで、その後かなり前向きでくよくよしない性格に、文字通りカウンセリングの終わるまでにガラッと変わられてそのまま最後の瞬間まで過ごされた方がいました。このように、本人の気持ちがそちらに向いていることに対して暗示を掛けると想像以上に効果が長続きする、という実例も(この他、いわゆる大人向けな暗示も含めて)あるので、前述のような NLPを使った根本的な解決法、なんて言っている口が何をいうのか、と自分でも思うことがありますが、まぁ、根本的な部分が向いているのであとは後押ししているだけ、ともいえるのかもしれません。そう思うと、全ては心の赴くままに、というところなのでしょうか。

まとめ

この記事だけ読むと、ちょっと眉唾感、ありますよね。これ、「願わば叶わん」的なところが大きいようにも思えるでしょうけれども、案外、本気で願って行動することの大変さやその気持ちさえあれば大抵のことは実現出来る、ということを端的に示しているのかもしれません。そのためにもし催眠術があなたの無意識の力を後押しするのであれば、喜んでお手伝いしたいところですね。

毎週金曜に発行しているニュースレターを購読しませんか?
毎週金曜日に最新情報をお届けするニュースレターを発行しています。催眠術のテクニックから毎日の生活にちょっと使えるネタまで、読んで損はさせませんよ。今登録すると、そのまま読むと使えちゃうかもしれない催眠誘導のための暗示文のサンプルを無料でプレゼント中!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク