体の歪みは心の歪み、とは言いませんが気にしていますか?

スポンサーリンク
催眠術師が内緒にしてきた秘密がkindle で絶賛公開中です!
理論不要ですぐに使えるセクシーな催眠術、いかが?

たまには心と体のバランスコンサルタントらしい記事でも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

町で見かけるアンバランスな人たち

時々、町ですれ違う人たちの歩く姿勢を見ているととても心配で、余計なお世話と思いつつも声を掛けてあげたくなるような人がいます。

  • 多分、外反母趾の影響で足首でのバランスがうまく取れない人
  • 見た目ものすごく若いのに、背筋で支えられないからか頭の位置が前のめりに歩く人
  • 明らかに荷物を片側で持つ癖が出来ていて左右の肩の位置がずれている人

などなど、ぱっと見てわかるということは本人の自覚症状も既に出ているんじゃないかな、と他人事ながら心配になる人が最近増えているようにも思えるのです。

体の歪みの裏側の理由はあなたの無意識の求める心地よさ

この手の歪み、派手に歪んでいると、体(NLP的にも催眠術的にもいうならば無意識)がこの歪んでいる状態に心地よさの理由を作ってしまうことでそこに固定してしまうことから、歪みを直すのに時間が掛かりますし、単純な整体的な解決方法ではパワフルな無意識の力で元の歪んだ状態に戻ろうとするので解決しきれません。

足を組むのはお勧めしないけどやっちゃうのは?

ストレッチって気持ちいいですよね

ストレッチって気持ちいいですよね

例えば、足を組む、のは骨盤を歪めるので絶対にお勧めしない体の使い方、なのですが、世の中のたいていの人は足を組むと楽、と無意識レベルで思っていますので組んでしまいます。しかもよりによって同じ足を上に乗せてしまいますよね。つい。これを気がついたら癖になっている、という表現で片づけるのは簡単ですが、足を組んで骨盤が歪んでいる状態に心地よさを求めているので自然となっているのです。でも、この骨盤のゆがみが結果的にあなたの足の長さの違いを生んで背骨まで歪ませる、といったらどう思われるでしょう。

個人的に、この足を組む癖は治すのにだいぶ意識を使いましたが、組まなくなってむしろ足が均等に疲れを感じたりするのでやめて正解だった、と思っています。

手軽に直せるちょっとした歪み – でも早めに手を付けて

さて、パワフルな無意識と戦いながら大きくゆがんだ体を治すのは大変だといいました。ではどうしたらよいか、といえば、当然、「早めに」「こまめに」「意識している」と治しやすいのです。ちょっと疲れたなぁ、と思ったら軽くストレッチをして筋肉と骨の位置をリセットする。歩いている時に自分の頭が背骨の上に載っているかその重さを背中で感じられているか、それとも首から引っ張られている感じか、などなど、体の声を聴きながらちゃんと意図したところあるかどうかを感じ取っていくのです。

これは本当に常に意識しないと思い出せないことですが、それこそ、疲れたー、と思って腰に手を当てたら背骨をすっと伸ばす、というアンカーリングを自分に作るなど、無意識を自分の思う力に変えることで出来ていくことです。どうですか?自分の無意識を自分の健康のために使ってみませんか?

詐欺師が狙うあなたの健康とお財布

さて、後半はちょっと催眠術っぽい話も交えたいと思います。先日、とあるお酒の席でこんなやり取りを見かけました。

そのお店にいた若い女性がなんとなく紳士風に見える男性と話をしている様子だったのですがよく聞いてみると、女性が体は硬いし肩とか首が凝りやすくて困っている、というのです。確かにぱっと見スタイルのいい女性ですので、体型を気にしてか、もしくは体つきによるバランスのとる都合と勝手に体が思い込んでなのか、ちょっと猫背ぎみではあったのです。それに対してその紳士風の男性が、じゃあ、どれくらい硬いか見てあげるから、ちょっと前屈してみてよ、と女性に前屈を促したところ確かに手の先がひざ下程度にしか曲がらなかったのです。

そこで、その紳士風の男性が、おもむろに手首から自分の付けていた、ちょっと怪しげな金属製のプレートのついたブレスレット(上の写真はイメージであって、その時のブレスレットではありません。あしからず)を外して彼女につけさせながら「これ、実は私の会社で作っているもので、チタンの効果で体が動きやすくなるから付けてみてもう一度前屈してみてよ。絶対にさっきより曲がるから」と再度前屈を促したのです。

そうしたら、確かに彼女の指先は自分の靴にまで届くようになり、嬉しそうに「これいいですね。欲しいなぁ」と紳士風の男性の目をじっとうるんだ目で見つめながらすり寄って行ったのです。

ブレスレットの効果?それとも暗示?まさか。。。

これ、健康器具の効果が出ただけじゃないの?と思ったあなた。多分買ってますよね。効果出てますよね。でも、効果が出ないなぁ、と思って、三連にして付けたり、首にも巻いたりしていませんか?
さて、本当にそうならば、みんなこぞって買ってつけるべき、ですが、多分その効果はない場合とさほど変わらない、という人の方が多いと思われます。つければ効果があるから体が柔らかくなる、という暗示が効いている、のも、本来の器具の効果が効いているから、というのと同じくらい否定できませんから。とはいえ、紳士風の男性がやったことは初めて付けた人への効果ですから、ブレスレットを付けたときに声を掛けた時の暗示だけのものでしょうか。やはりチタンの効果?

いえいえ。人間の体の作りに起因するところの方が大きい話なのです。というのも、これを読んでいる方に今、まず前屈をしてもらって指の位置を確認して、30秒後にまた前屈して頂くと、10人が10人、わずかとはいえ確実に指の位置がより下にいくはずです。というのも最初の前屈でそれまでの筋肉のこわばりがほぐれることから、二度目はこわばりがないことでより伸びやすくなっているのです。もし、紳士風の男性が、女性の呼吸のタイミングを見て息を吐いているところで前屈をさせていたら、さらに伸びやすいでしょうから成功の確率は高くなります。

としたら、二度目が一度目よりいい結果が必ずでることを使って、ブレスレットの効果が出た、と信じやすくさせるのは暗示を掛けるときのメカニズムと一緒ですね。これを読んで、その紳士風の男性が何を考えているかは想像に難くないでしょう。あなたも紳士風の男性の役回りをしてみたいですか?

なお、この紳士風の男性は著者ではありませんからね。やりそうに思われていますが。

毎週金曜に発行しているニュースレターを購読しませんか?
毎週金曜日に最新情報をお届けするニュースレターを発行しています。催眠術のテクニックから毎日の生活にちょっと使えるネタまで、読んで損はさせませんよ。今登録すると、そのまま読むと使えちゃうかもしれない催眠誘導のための暗示文のサンプルを無料でプレゼント中!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク