催眠術の作る4つの状態

スポンサーリンク
催眠術師が内緒にしてきた秘密がkindle で絶賛公開中です!
理論不要ですぐに使えるセクシーな催眠術、いかが?

  • 催眠術ってそもそもなあに?
    催眠術ってそもそもなあに?

adfac8959aa0aa337d7a52862f6031eb_m催眠術をかけやすい状態について前回は学びましたので、そのまま掛け方を、と思ったのですが、これは一連の流れでまとめた方がいいと思いますのでまた別の機会にして、今回は催眠術の掛かった状態でどういうことになるのか、というのをイメージしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

催眠術が扱う4つの支配

テレビなどでよく、催眠術の掛かった状態の人を見ることがあると思いますが、あれは見た目派手で分かりやすいですよねぇ。動きがある、というか反応が目に見て取れますからテレビ的にはあれがいいですよね。おかげで大いなる誤解を生み出しているのも事実ですが。。。

でも、あのような運動能力を支配するのは、実はレベルでいうと一番簡単な部類、だったりします。

運動支配とは

手や足が動かなくなる、音楽を聞くと踊り出す、というのがなぜか浅い催眠状態でも起きてしまう、というのは人間の仕組みの難しいところです。でも、考えてみると、緊張すると動けなくなる、感情で汗が噴き出す、体温が下がる、などなど、体の動きというのが実は心の動きに反応するので、動きというのは案外簡単に支配できてしまうのかもしれません。
http://video.hypnosis-aids.jp/category/facts/kinetics-control/

感覚支配

この次に来るレベルは、五感の支配、です。見えないものを見せる、見えているものを見えなくする、聞こえるはずのものが聞こえない、ないはずの音が聞こえる、味覚を変えてしまう、皮膚の感覚をなくしてしまう、といった、人間の心の外的なフィルターは意志と無意識がバランス良く取捨選択するように機能しているはずですが、これを支配してしまうというのは、前述の運動能力の支配よりも深いレベルの心に作用することで出来そうな気がしますね。
http://video.hypnosis-aids.jp/category/facts/sensing-control/

感情支配

その次に深いレベルで来るものは、感情の支配です。羞恥心、怒り、悲しみ、喜び、愛情、憎悪、そして快楽。それらを自由に行き来させてしまうことが可能になります。こうなると、人の心の外的に向かうところではなく、内的なところを動かせるわけですから、だんだん動かす側からすると怖さと責任をもって行わないといけないことがわかってきます。
http://video.hypnosis-aids.jp/category/facts/feeling-control/

記憶支配

そして、最後のレベルは、記憶の支配、です。名前のような大事な情報を思い出せなくする、すっかり忘れていた思い出を引っ張り出す、記憶を書き換えてしまう、などなど、もはやお遊びでやるには怖いような内容に突入していきます。なにせ、人の人として大事なものである、感情の礎にもなる、記憶に手を入れることになるわけですから、かなり深いレベルに入り込む必要があります。でも、考えてみると、思い込みの積み重ねが記憶を作り出す、という乱暴な言い方をするならば、思い込み方を変えてしまうことで記憶を変えてしまうことはできてしまいそうですね。

全ては暗示

そうなんです。今の今まで敢えて使わなかった言葉があるんです。催眠術の基礎となるもの。それは

暗示

です。この4つのレベルのそれぞれは、ある意味暗示を与えてあげるだけで実現してしまうものばかり、なのです。といっても、その暗示をパワフルに使いこなすのが大変だから、世の中でそうそう催眠術を使いこなせる人がいないのです。人によっては、催眠状態に誘導するのが催眠術であって、そのあとの支配は暗示術だ、と分ける人もいます。

まとめ

でも、暗示による支配だけではトラウマのような精神的に深く根ざした問題を催眠療法のような手法で解決はできません。とはいえ、ここの目的は簡単に、手軽に催眠術を使えるようになることですので、ここではこの4つとそれを作り出すために必要なのは暗示である、ということだけを思えていただければと思います。

次に、暗示にも大別すると二つある、というようなお話をしたいと思います。

毎週金曜に発行しているニュースレターを購読しませんか?
毎週金曜日に最新情報をお届けするニュースレターを発行しています。催眠術のテクニックから毎日の生活にちょっと使えるネタまで、読んで損はさせませんよ。今登録すると、そのまま読むと使えちゃうかもしれない催眠誘導のための暗示文のサンプルを無料でプレゼント中!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク