あなたの内なる自分と対話していますか? – 催眠術にかかりたい貴方に

スポンサーリンク
催眠術師が内緒にしてきた秘密がkindle で絶賛公開中です!
理論不要ですぐに使えるセクシーな催眠術、いかが?

この一年近く執筆活動から離れてしまい、特にメルマガにご登録頂いた皆さんにはごめんなさい。本業でほぼ時間を取られてしまっていたので何か新しいことを発信しなければ、と思いつつもサボってしまっていました。

この間も NLPや催眠術などの手法を取り入れながら心と体のバランスコンサルタントとしてお仕事をさせて頂いていましたが、その中で色々と発見があったり、学びがあったので、またご紹介していければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

催眠術にかからないはずです、私

懐中時計を見つめてください。って最近やる術士さん、いないですよね。

お客様のご紹介で初めてお会いするお客様とのセッションの最初に、自己紹介をかねて今後の方針などを打ち合わせていく際、ご紹介いただく方から予め伺われたのでしょうか、三人に一人から言われる言葉です。いや、気持ちはわかります。普通に生活していて催眠術にまず掛けられることはないでしょうし、もし掛けられたとしてもよほどの術者じゃなければ人生の最初のセッションというのはなかなか難しいものです(それでも大抵は掛かるんですよ)。

となると、掛かりが悪かった、であっても掛からなかった、というイメージを持ってしまっちゃうのだと思います。

でも。こうやってご興味を持ってお会い頂けている(のか破ってやろう、という意味での興味の場合も多々ありますが。。。)のですから心のどこかでは掛かりたい、と思っているのだと思います。では、そんな貴方にもし催眠術師に会う前に、催眠術に掛かりやすくなるコソ練、をいくつかご紹介したいと思います。

マインドフルネス

このサイトでもなんどもご紹介しているマインドフルネス。今や世界中でストレスから解放されたいというビジネスアスリートから心の疲れに悩まされる人たちまで、多くの人たちの心のバランスを取り戻すのに使われてきたものですが、その手法は自分の心と体の動きを感じ取ることで脳の中でも意識的な活動をしていない時に活動する DMN (デフォルトモードネットワーク)を活性化させて、脳のリセットと意識的な活動をする脳の他の箇所間の接続を行うようにすることを目指すものでした。

その DMN を活性化させるには、というと意識的に何かを考えることをしない、というある意味「ピンク色の象を想像しないでください」というようなことを求められるように聞こえますよね。もしくは、禅の世界で心を無にしなさい、ということをいきなり求められるようなものです。それは難しい話です。

ではどのようにそんな難題を誰もがこなせるようにしたかというと。。。体の中の一箇所に意識を集めてください、という簡単そうに聞こえることです。目を閉じて、呼吸しながらお腹の動きにだけ意識を留めてください、と言われてどうでしょう。最初の10秒くらいは簡単にできそうですよね。でも、不思議と心の中にあれこれ意識を邪魔するものが出てきませんか?くすぐったい、とか、あれ、あの仕事どうしたっけとか、メッセージがきたかな、とか。でも、そんな心の揺らぎも払いのけてお腹の動きだけに集中する、というのが出来ますか?最初は難しいかもしれません。でも、これを毎日一定の時間に一定の場所で繰り返すことでだんだん長くできるようになるのです。不思議でしょ?

同じ場所、同じ時間にする、という NLPでいうアンカリングが徐々に効き始めるのと同時に、だんだんと頭に浮かんだその他のことをそのまま流す、ということを覚え始めるのです。なにせ、現代社会に生きると、目をつぶって1分間と思ったところで目を開けて、という指示を出すと15秒から30秒で大抵の人が目を開けるくらいせっかちな世界です。目をつぶって体の中の一点に集中することに慣れてないのです。

じゃあ、なんでこれが催眠術のコソ練なの?

催眠術も、その入り口は一点に気持ちを集中してもらうこと、なのです。そうすることで集中している心の隙に暗示を掛けていく作業が出来るというわけですから、あれこれ心がとっちらかっているとなかなか難しいのです。実際に、マインドフルネスの集団のトレーニングに参加するとトレーナーの人がみなさんをマインドフルネスの瞑想に誘導することになるのですが、その誘導方法はまさに催眠術の催眠誘導のそれと変わらないのです。

そして、マインドフルネスが終わった後の脳の爽快感と催眠術のセッションの後の脳の爽快感は実は同じ仕組みで作られていますので、どちらもそれはそれは気持ちが良いものなのです。となると、脳がマインドフルネスの誘導で心地よさを覚えると、同じ誘導で心地よさを期待し始めるので誘導に乗りやすくなる、のです。催眠術にかけられた人がその後さらに掛かりやすくなるのと同じ原理です。

まとめ

もし、催眠術にかかりづらい、と思っている人もマインドフルネス瞑想には確実に入ることが出来ます。自分の強い意志があるから出来ることなのです。とすると、催眠術にかかりやすいかどうか、というのも、ちょっとした気持ちの問題であって、脳の作りから誰でも催眠術に掛かるので、安心してくださいね。

とわかると、もし掛けたいけどうまく掛けられないあなた。催眠術にとらわれずにマインドフルネスのことを学ぶなど広い視野とアプローチにも目を向けてみると新しい発見と成功を見つけられるかもしれませんよ。

毎週金曜に発行しているニュースレターを購読しませんか?
毎週金曜日に最新情報をお届けするニュースレターを発行しています。催眠術のテクニックから毎日の生活にちょっと使えるネタまで、読んで損はさせませんよ。今登録すると、そのまま読むと使えちゃうかもしれない催眠誘導のための暗示文のサンプルを無料でプレゼント中!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク